国を問わず決済が出来るビットコイン

今までネットでの支払いはクレジットカードの一択でした。ところが新しい貨幣が登場しました。話題のビットコインです。これは仮想通貨と呼ばれるものでネット上で取引されるお金のことです。各国のお金をビットコインへと換金しそれをネット上で取引するという新しい形のお金です。日本だけでなく今や世界中のあらゆる国で取引が毎日のように行われています。国や人種などにとらわれること無く世界共通のお金として広がっています。

手軽さは仮想通貨ならでは

紙やコインのように実体があるわけではない仮想通貨ですから財布にお金として入れておく必要は無いのです。ビットコインでの支払い可能なサイトや実店舗にて使用できます。毎日取引されているレートは変わってきますが、様々な国で利用され広まっています。残高の確認はスマホなどで見ることが可能です。ただ、手軽に使用できるのは大変便利ではありますが、まだまだ新しいお金ですので対応している店舗などは少ないのが現状です。

お金であることに変わりはない

仮想通貨は実体がないのでお金としての実感があまりわかないかもしれません。しかしその分お金を他の誰かへまたはネット上の決済で使うなどお金を流しやすいのが特徴です。きちんとしたお金であることに変わりはありません。世界中で取引されそこに価値が有るものだと認められている以上これからも多くの人に受け入れられ続けるでしょう。ただ、加熱のし過ぎは禁物であるとよく言われている通り、過信し過ぎるのも考え物かもしれません。

ビットコインとは、インターネット上で使われている仮想通貨のことです。P2Pを利用して簡単に送受信できます。