我慢していれば何とかなると思い込まない

風評被害に遭っているにも関わらず、その状態は放置していれば何とかなるだろうと思い込んでいると、後から大変な事になりかねません。特に企業が風評被害に遭っている時には、即座に対処を始める事を意識しましょう。そうしなければ検索サイトで企業名を検索された時に、風評被害が事実として扱っているようなウェブサイトが、検索結果の上位に来る事になりかねません。そうなると間違った情報が次々と広まっていくばかりなので注意をしてください。

検索結果を変えてもらう事も重要

風評被害対策を行っている業者の多くは、その嘘をばらまいている人間に対する訴訟をサポートするだけでなく、検索サイト対策も行ってくれます。間違った情報方を広めているウェブサイトの運営者に抗議をしたり、検索エンジンの結果の上位に来ないように、サテライトサイトなどを活用するところが好評ですね。検索サイトへの対処は意外と早く結果が出るもので、数週間も経たないうちに検索結果から嘘の情報が消えてくれる事もありますよ。

公式サイトに掲載するメッセージを考えてもらう

以前から風評被害対策を行っている業者は、その嘘の情報を訂正するために、どういった情報を広めるべきか考えてくれます。企業の公式サイトで嘘の情報を訂正する際に、どのようなメッセージを書けば良いのかアドバイスをもらっておきましょう。なるべくお客さんが正しい情報を信じてくれるように、詳細な情報を記したメッセージを発信できるだけでも、企業イメージは大きく改善されますよ。嘘の情報にお客さんが惑わされないように、早期に対処を始めましょう。

風評被害対策のためには、いかなる人でも自由に閲覧できるweb等に、ユーザーが納得するだけの十分な情報をいち早く開示する事が重要となります。